FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トキに会ってきました【佐渡島編】

いよいよ出張も終わり、胸を張って旅行と言える日がやってきました。
しかし、朝6時起床。
早起きつづきで少々バテております。
自然に起きる早起きは好きですが、義務的な早起きは好きじゃない。

新潟港より高速船・ジェットホイル号が朝8時に出発です。

ジェットホイル

日本海の荒波を掻き分け、佐渡島まで快調に飛ばしてくれます。
窓からの風景を楽しみにしていたのですが、またもガン寝。
気がついたら「お足元にお気をつけてお降りください」のアナウンスが。
気を取り直して両津港のデッキから島を見渡すと、
大きな山並みが夏空に映えています。

「ここで金ががっぽり採れたのか!!ぐへへへ」と気味の悪い呟きをしつつ、
迎えにきてくれたマツダレンタカー両津店のバスに乗り込みます。

“スローな旅”を今回のテーマ(今、思いついた)にしていたので、
当初は路線バスを乗り継ごうと考えていました。
しかし調べてみると、接続が悪すぎてとても時間内に周れそうもない。
仕方なく車を借りることにしたのです。

佐渡での相棒、デミオくん。

デミオ

まずは今回最大の目的、トキの森公園へ愛車(レンタカーです)を走らせました。

キン

↑日本最後の野生のトキ・キンちゃん

日本産のトキは残念ながら2003年に死亡したキンを最後に絶滅してしまいました。
何度もペアリングに挑戦していましたよね。お疲れさまでした。
園内の展示にもありましたが、昔は島内を普通に野生のトキが飛んでいたそうです。
佐渡だけでなく日本の青森以南はどこにでも生息していたとか。
減少⇒絶滅の原因は環境の悪化と乱獲です。
一瞬、環境問題と人間の身勝手さについて考えてしまいました。

あ、ほんとに一瞬だけですw

とき

↑中国産のトキが飼育されているケージ

展示スペースを抜けると中国産のトキが飼育されている檻の前へ出ます。
保護のため20mほど離れた所からの見学。
木の根元あたりに写っている白いのがトキです。たぶん見えないですね。
中国でも一時は絶滅したとされていたそうです。
手厚い保護政策が実って、日本へ貸し出すまでになりました。
中国から借り受けたトキが繁殖に成功して、
今では120羽ほどにまで増えているとのこと。
近い将来には野生へ還すプランもあるそうです。

クロトキ

↑レアではないのか普通に公開されていたクロトキ

つづいて佐渡金山へ向かいます。
愛車(レンタカーです)のデミオも快調に山道を上ります。
ガソリンが高いのでエアコンOFF、窓全開。
佐渡島は思いのほか広いのです。東京23区の1.5倍あるとか。

金山では江戸時代コースと近代コースが選べます。
両方見ようか迷いましたが、時間を考慮して江戸時代コースを選びました。

金山

↑技術者たちの休憩風景

入口を入ると坑道に模した展示コースがつづきます。

てか、寒い。
エアコン効きすぎ。

坑道の所々に作業場が作ってあり、からくり人形が作業をしています。
気を抜くと、このからくり人形たちと目が合ってびっくりします。
「休むな、休むなー。働けぇー!」などという音声も絶賛オンエア中で、
なんだか過酷さがよく伝わってきます。
ほんとに現代人には絶対真似できない過酷な作業風景でした。

上の写真は技術者として優遇されていた人たちなので、
こうした休憩場を与えられていたそうです。
その他の末端労働者(子供とか、罪人とか)の展示がメインだったりしたのですが、
そちらはほんとに苛烈としか言いようのない感じでした。

最後の展示コーナーには20kg(だったかな?)の金塊を持ち上げられる
体験スペースがあったのですが、大人気。
自分もトライしてみて持ち上がるものの、箱から出せませんでした。
見事箱から出すと記念品が貰えるそうです。
次回は持ち去り方法を考案してから再訪してみようと思います←違法です

そして尖閣湾です。
いわゆる奇岩ですね。

尖閣湾

日本海の荒波が作り出した自然美。
尖閣諸島とは一切かかわりがありません。

尖閣湾から日本海1

尖閣湾から日本海を眺めます。
海の向こうは朝鮮半島。
ここで一瞬、工作船についてイメージしてしまいました。
これについては深く書きません。

そんなこんなで尖閣湾越しに日本海を眺めながら遅めの昼食。
食堂は海水浴のファミリー客でいっぱい。
佐渡島産コシヒカリ100%使用のカツカレー(700円)を注文します。
前夜が魚祭りだったので、ジャンクフードを欲しました。
やっぱりこういうのが好きだ。

というわけで、一通りの行程は終了。
デミオ号に乗り込み潮風を受け、再び山を越え両津港へ向かいます。
FMラジオはやっぱり長岡の花火の話題で持ちきり。
あとは甲子園の代表校・新潟県央工業の話も盛り上がっていました。

佐渡島ドライブの興奮も覚めやらぬうちに車を返却し、
両津港でジェットホイル号に乗り込みます。

まもなく出航。

両津港

霞みゆく佐渡島に向かって「また来るねー!!!」と
三度叫んで(ません)、新潟港へと向かったのでした。

【theme : 新潟旅行
【genre : 旅行

⇒comment

Secret

懐かしい日本海の海・・・。
小学校の時の修学旅行が佐渡でした。
金山も行きました!
懐かしぃ~、って、遠い昔過ぎて全然覚えてないけど。

パンダ★コッタさん

へー、地域によって修学旅行先って違うものなんですね。
普通に考えたら当然だけど。
僕は京都と奈良でした。やっぱり鹿と大仏くらいしか覚えてません。
market watch & wallet


お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
プロフィール

こあらっくす

Author:こあらっくす
そこらへんにいる普通リーマンのFX日記。絶賛ぼちぼち更新中~。リアルでランダムウォーカー。酔っぱらいってこと。

2008年11月下旬より、50003円の証拠金でFXに参戦しました~。ご連絡はコメント欄か、メールをください。




ImageAd
最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
blog ranking
sponsored by
お気に入りブログ
原油
株式相場
affiliate program
blog link
Yahoo!ログール
最新コメント
最新トラックバック
ranking
PR
カテゴリ
月別アーカイブ
track record
recommended books
マーケットカレンダー
web banks
住信SBIネット銀行
節約生活にも投資生活にも万能なネットバンク。コンビニ(セブン、ローソン、ファミマ他多数)でのATM入出金手数料が24時間0円。他行宛振込手数料も0円(月3回まで)。目的別口座管理サービスもあり、資産管理の自由度を飛躍的に広げてくれます。FX会社のクイック入金も対応。

イーバンク銀行
多くのFX会社でクイック入金に対応するトレーダー必須のネットバンク。セブン銀行ATMからお手軽入金。ゆうちょ銀行からの振込手数料無料、セブン銀行ATM出金手数料が毎月所定回数(※)まで無料等、FX口座への即時入金以外にもたくさんのメリット。  ※口座の内容により異なります。

スルガ銀行 ネットバンク支店
毎月抽選でVISAギフト券が当たる(1等 5万円×5本、2等 5千円×10本)話題のスペシャルギフト付き定期預金等、ユニークな地銀のネットバンク支店。オンライン口座でコンビニATMが利用できるので、全国どこからでも申込可能。FX会社のクイック入金にも対応しています。

【注】手数料無料等の諸条件は各サービスにより異なります。リンク先サイトで詳細を必ずお確かめください。
金・銀・プラチナ
今はどこタイム?
welcome!!!!!
アクセスランキング
SEO stats
あし@
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
=PR会社=
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。